RealWear-ロゴ

伊藤誠が次期成長をリードするリアルウェアジャパンのカントリーマネージャーに任命

東京、日本– 2021年7月13日–  アシストリアリティソリューションのグローバルリーダーであるRealWearIncは本日、急成長する日本市場をリードするカントリーマネージャーとして伊藤誠を任命したことを発表しました。 RealWearの日本への注目の高まりは、大企業が最前線での安全性を高めながら労働者の生産性を向上させるアシストリアリティソリューションを求めているため、強い市場の需要に直接対応しています。

RealWearのアジア太平洋および日本担当バイスプレジデントであるジョンヒッグスは、次のように述べています。 「私達は私達の途方もない需要を見てきました アシストリアリティ この世界的なトレンドに対応するための、アジア太平洋全体、特に日本でのウェアラブルソリューション。伊藤誠の幹部任命により、この地域の需要の高まりに効果的に対応し、地域のサポートを提供することができます。」

カントリーマネージャーとしての彼の新しい役割で、伊藤氏はIT業界での豊富な経験をRealWearにもたらします。伊藤氏は、パートナーのエコシステム開発を中心に、日本におけるRealWearのビジネスの成長と戦略を推進します。

伊藤氏の任命は、RealWearの重要な成長分野として注目されている日本の真っ只中にあります。 2月の初め、同社は2020年に世界で3倍の成長を報告しました。2016年に設立されたRealWearは、120人以上の従業員を擁し、現在、約10%の従業員がアジア太平洋地域にいます。

伊藤氏は、Cisco、CipherTrust、Riverbed Technologyでの指導的役割を含め、IT業界で20年以上の経験があります。 VMwareでは、技術チームと営業チームを率い、部門の監督者としてSD-WANビジネスに大きく貢献しました。

「RealWearのアシストリアリティソリューションは、多くの日本企業にとってゲームチェンジャーになっています」と伊藤氏は述べています。 「日本では、少子化と人口の高齢化により、熟練した技術者の数が減少しています。さらに、COVID-19のパンデミックは、デジタルトランスフォーメーションの加速と リモートコラボレーション イニシアチブ。最前線のアシストリアリティデバイスでMicrosoftTeams、Zoom、Webexなどのハンズフリーリモートコラボレーションテクノロジーを提供することで、スキルのギャップを埋めています。」   

RealWearの主力製品であるHMT-1は、危険な仕事のために労働者の手を解放する、世界をリードする頑丈なヘッドマウントウェアラブルAndroidクラスのタブレットコンピューターです。 HMT-1は、現場の作業者が複雑な作業タスクに両手を使用できるようにすると同時に、リアルタイムのビデオおよびオーディオ送信を通じて対象分野の専門家とリアルタイムでリモート通信します。作業者は、簡単な音声コマンドを使用して、品質チェック、監査、検査、工場見学、製品および工場の受け入れテスト(FAT)の実行など、特定のタスク用にカスタマイズされたマニュアル、ドキュメント、およびデジタルワークフローを呼び出します。

RealWearのHMT-1ウェアラブルデバイスは、石油とガス、建設、ロジスティクスと輸送、製造、ヘルスケア、自動車など、さまざまな業界の固有のニーズに対応するように設計されています。日本市場では、横河電機やNTT西日本をはじめ、世界中で4,500を超える顧客がRealWearヘッドアップディスプレイを使用しています。

RealWearについて  

RealWear®は、現代の最前線の産業労働者をより安全に、効率と精度を高めて実行するために従事し、権限を与え、向上させる、支援されたリアリティウェアラブルソリューションの世界有数のプロバイダーです。 RealWearは、これらの労働者に情報と専門知識へのリアルタイムのアクセスを提供すると同時に、彼らの手と視野を仕事のために自由に保ちます。作業者は、高ノイズ環境でも音声制御コマンドを使用して、リモートの専門家と共同作業したり、ワークフローをナビゲートしたりします。 RealWearは、産業および企業向けに設計されたワーカーPPEと完全に互換性があり、唯一の「オールシフト」バッテリーを備えています。 RealWearは、Shell、Goodyear、Mars、Colgate-Palmolive、BMWなど、前例のないROIを実現しながら職場の安全性を向上させるために使用した、世界クラスの顧客で実証済みです。

RealWearは、米国ワシントン州バンクーバーに本社を置き、英国、シンガポール、ドイツ、オーストラリア、オランダ、韓国に支社を置き、ドバイに新しいカスタマーエクスペリエンスセンターを置いています。 RealWearのナンバーワンの地位は、2020年に前年比3倍(3倍)の成長でさらに強化されました。同社は、エネルギー、製造、食品および飲料、自動車、および電気通信。 

詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 realwear.com.  

今すぐ現場作業の変革に取りかかりましょう

RealWearで最新情報を入手してください